ぴーたパパの子育て&マイホーム建てるまで日記

仙台在住で結婚4年目の共働き4人家族。現在アパート暮らしでマイホームを夢見る30代半ばの「ぴーたパパ」がマイホームを建てるまでの記録や2014年1月生まれの長男と2016年10月生まれの次男の育児について感じたこと、思ったことをパパ目線で書き綴る!


【マイホーム編】スーモカウンター紹介のハウスメーカーと泉ハウジングパーク紫山で打ち合わせする!の巻

久々のマイホーム編!!

前回までのザックリした流れをおさらい!

これは2014年秋頃のお話ですね。

 

とりあえず「スーモカウンター」で話を聞いてみるか!

ということになり、いくつかのアンケートに答え、その結果を元に導き出された

希望に合っていると思われるハウスメーカー

を、3社紹介してもらい、その場でアポを取ってもらいました。

sendai-ikuji.hatenablog.com

 

3社紹介してもらったのには理由が!

2~3社程度に候補のハウスメーカーや工務店を絞っておかないと、

いざ土地が決まっても、限られた時間内でスピーディーに話を進められない。

 

なので3社らしいです。

ちなみに全体の流れで言うとココらへん。

2及び3はほぼ同時進行が理想。

 

1、土地・建物の予算に目安をつける

  →ココに関してはスーモカウンターである程度決めてもらいました。

   私は、さらに後日FPさんにも話を伺いました。

2、ハウスメーカーや工務店を2~3社くらいに絞る

3、予算に収まる土地を決定。

4、決まった土地に、絞っておいたハウスメーカーに見積もり。

 

 

で、今回はそのアポをとった

ハウスメーカー3社と面談する。という話!

 

紹介してもらった3社はすべて紫山の住宅展示場にあるとのこと。

リンク:泉ハウジングパーク紫山

 

3社とも訪問する日を同じ日に設定してもらったので、

泉ハウジングパーク紫山に家族3人で行くことにしました。

 

このとき我が子(あだ名:ちゃろさん@8~9ヶ月)くらいだったでしょうか?

泉ハウジングパーク紫山の管理棟には

机やテーブルがあるので子供用の離乳食を食べさせることも可能

もちろん子供のオムツ換えもオッケーでした。

 

 

最初に訪問したのがS社

ここのハウスメーカーは一度も聞いたことが無い。

あえてイニシャルにしているのですが、なぜかと言いますと・・・

後ほど、いろいろ文句を言いたいから(^_^;)

 

指定されていた時間に訪ねると、女性の担当者が出迎えてくれた。

とりあえず、どんな感じの家なのかを見るため、フラ~っと見て歩く。

担当者は強烈な無垢材アピールをしてくる。

 

内覧の感想は「可もなく不可もない普通の家?」という印象。

 

内覧が終ると、テーブルにて打ち合わせ。ひとしきり会社説明を受けました。

で、私の希望を改めて聞かれたので、

予算もそうですが、土地から探している。と伝えました。

 

土地から探すというのが曲者で、厄介な問題でした。

最後にS社の担当者は、よい土地や情報があればまたご連絡します。

と言って、次の展示場に向かいました。

 

その途中、夫婦で意見が完全に意見が一致したのが

我が家に無垢材は必要ないってこと!

うーん。何がよいのかサッパリ・・・

 

普通でいいんです(笑)

 

 

 

次にH社こと北州ハウジングを訪問

ここは紹介してもらった中では唯一名前を聞いたことがありますが、

具体的にどういう家を得意としているのかは不明でした。

 

同じく、説明を聞きつつグルッと内覧して、最後にテーブルで打ち合わせ。

内覧の感想を箇条書きで書くと

 

 1、全館空調システムはスゴイ(高そうですけど)

   こういうシステムがあることをはじめて知ったかもしれません。

   リンク:クウ・キレイ

 2、窓が特徴的だと思った。

   北州ハウジングの標準仕様かどうかは不明ですが、

   見た感じ、とても頑丈そうな変わった形状の窓を使っていた。

   リンク:木製窓(アルミクラッド)

 3、家の構造(ツーバイシックス)が頑丈そうな感じがした。

   断熱性能も高そうに見えました。

   リンク:W断熱システム(アルセコ)

 

打ち合わせは1社目と同じような内容でした。 

同じく最後に担当者は、よい土地や情報があればまたご連絡します。

と言って、次の展示場に向かいました。

 

土地が決まっていないので、具体的に話を進めようが無いですからね。

 

その途中、また夫婦で意見が完全に意見が一致したことが!

今回のモデルハウスが偶然そうだったからかもしれないのですが・・・

こんなに木木(もくもく)してなくても良い。

 

木木(もくもく)ってなんだよ!って感じですけど、

木目があちこちに出た「ナチュラル風の家?」ってことです。

 

1社目の無垢材もそうでしたけど、

ぴーた家はこういう感じの家にどうやら魅力を感じないみたいです(^_^;)

 

うーん。思い返せば、そもそもスーモカウンターでのアンケートで

そういう家を好みとしてチョイスしたような・・・(^_^;)

 

以前も書きましたけど、とにかく

スーモカウンターには家族で行きましょう(笑)

 

 

そして最後に訪問したのがA社

ここのハウスメーカーは一度も聞いたことが無い。

スーモカウンターの説明だと、和洋中どんな家でも作れるメーカーです。

とか言っていたような気がします。

ここも最初に訪問したS社同様、後々いろいろ酷かった!

 

同じく、説明を聞きつつグルッと内覧して、最後にテーブルで打ち合わせ。

例の如く、土地は・・・という話をしたところ、担当者が

 

私、土地探しが超得意なんです!

皆さん、私が探した土地で本当に満足されるのです!

特にその地域(私の希望エリア)が一番得意!

 

とまぁ・・・かなり自信満々の担当者。

 

あまりにも自信満々に言うもんだから

自分でそんなにハードル上げて大丈夫ですか?(笑)

と思わず聞いてしまった私。

 

土地については不動産屋にまかせっきり!という訳ではなく、

自分でネットで徹底的にチェックしていて、

家を建てるのに場所&価格共に申し分なし!と、思える土地は

現時点では無いことはわかっていた。

 

これ以上、どこからどんな土地が出てくるの?と思ったので。

ホントかよ?!って思った次第。

 

とはいえ最後は「そこまで言うなら期待しましょう!」となった。

 

で、例の如く、よい土地や情報があればまたご連絡します。

と言って、最後の打ち合わせ場所だったA社を後に。

 

するとママちゃろが一言。

妙に自信満々なところがカンに障る。

なんかイヤ。ということらしいです(笑)

私はそれほど気にならず「そう?」という感じだったのですが・・・

 

 

とりあえず、3社と立て続けに打ち合わせしたのですが、

正直、結構疲れる。

抱っこ紐でちゃろさん@当時8~9ヶ月くらいを抱っこしたまま、

階段を上り下りする内覧は結構大変だったかなと。

 

ただ漠然と住宅展示場を訪問して失敗した!というエピソードがありましたが、 

sendai-ikuji.hatenablog.com

 

今回は的を絞って、目的意識をもって見学・打ち合わせしたので、

コレまでの住宅展示場の見学とは大分が違った感じがしました。

ならこの3社の中から決まりそうなのか?というと・・・

全然そんなことは無い。

 

ゼロって訳じゃないんですけどね。

どちらかというと勉強の意味合いが強い感じでしょうかね?

今回の打ち合わせで何か決まったというものは残念ながら何もなかったのですが、

ナチュラル指向の家&無垢材な家は不要

ってこと少なくともよく分かりました(笑)

 

次回ですが。

最初に訪問したS社と最後に訪問したA社から後日連絡が入るのですが・・・

ちょっと?どーなってんの?的なことがチラホラ。

 

その辺のエピソードを交えまして

仙台で土地探し!土地のリスクはこれで見極めろ!の巻