ぴーたパパの子育て&マイホーム建てるまで日記

仙台在住で結婚4年目の共働き4人家族。現在アパート暮らしでマイホームを夢見る30代半ばの「ぴーたパパ」がマイホームを建てるまでの記録や2014年1月生まれの長男と2016年10月生まれの次男の育児について感じたこと、思ったことをパパ目線で書き綴る!


【マイホーム編】仙台に住まう!マイホーム計画 その3 住宅展示場に行くベストなタイミングとは?

登場人物

ぴーたパパ:30代半ばの会社員。バス釣り、カメラ等趣味は広い

ママちゃろ:ぴーたパパと同い年の会社員。子育て頑張ってます

ちゃろさん:生まれた時から密度も量も大人顔負けの髪の持ち主

 

前回のマイホーム編では

マイホーム選びに際して「学区」についてどう考えるべきか?

ってなことを書きました!

sendai-ikuji.hatenablog.com

 

この時点ではマンション?戸建?そもそも予算の上限は?

本当になんにも決まってないと言うか・・・

ただ漠然と「マイホームが欲しい」という言葉の独り歩き状態。

果たしてこんな状態でゴールにたどり着けるのでしょうか?!

 

さて本題。

 

とりあえず「」というからには「住宅展示場」にいつか行ってみるか。

と、かるーく考えていたら、その日は唐突にやってきた!

 

仙台駅の東口に仙台果物界の雄「いたがき」がやっている

フルーツ食べ放題レストランに行ったんです。

リンク:FRUIT CAFE & RESTAURANT ITAGAKI 仙台駅東口|いたがき

 

思いのほか食べ放題のフルーツ少なっ!って

食べ盛りの男子的にちょっと思うところがあったのですが(^_^;)

ま。それはさておき(笑)

 

そもそもこのお店は・・・

住宅展示場の中にある

 

となると「じゃあみてみる?」ってなりますよね~

www.tbc-hs.jp

 

ハウスメーカーによって価格が「高い」とか「安い」とか

そもそも「大手」なのか「地元の工務店」なのか色々ありますよね。

 

今でこそある程度知識はありますけど、

一ついえることは何も考えずに入ったということ。

結構こういう人って多いんじゃないのかなって思いますが

後にこれが少々面倒なことに・・・

 

誰もが名前を一度は効いた頃あるだろうし、

CMもやっている某ハウスメーカーの展示場に適当に入ってみました。

ちなみにこれが2013年4月の出来事。

 

中にはいって、若手の営業さんの熱の入った案内を受けながら、

へぇ~やっぱり、マンションと違って戸建って広くていいな~

という、当時の私の薄っぺらい感想(笑)

 ある程度知識をもって展示場に行くと、チェックするポイントも

大分違ってくると思うんですけどね~

 

さぁ~って。帰ろうかな。と思ったそのとき。

ちょっとお話&アンケートよろしいですか?

 

軽い気持ちで受けたお話&アンケートは

ちょっとと言いながら全然ちょっとじゃないのである。

 

アンケート用紙に、ひとしきり書くと、

その内容の一つ一つについて営業があれこれ質問してきて、

さっさと帰りたいママちゃろの冷たい視線を気にしつつも、

気が付けば40分くらい話をしていたかも・・・

 

このときに「少なくとも御社では建てない」とはでは言いませんけど、

話をサラッと受け流しておけばよかったのに、

結構真面目に話を聞いていたおかげ?と言うべきなのか、

 

熱烈な営業攻勢を受ける羽目に(^_^;)

 

しょっちゅう電話が来るわ、何度も資料を持って家に訪問してくるわで、

正直、まだ買う気も無いのに結構迷惑と言うか・・・

とはいえ、私もハッキリ断らずにあいまいな返事をしていたから、

可能性ありと判断した上で攻勢をかけてきたのかもなぁと反省。

 

全部の住宅展示場の営業さんがこうだとは限らないのですが、

そういうところもある。と思った方がよいのかなと。

 

後で分かったことなのですけど、

ここのハウスメーカーさんは価格的に結構「高め」であり、

高い確率で予算をオーバーすると判明。

 

だったら最初からここに入らなかったよ!

 

と、何も考えずに適当に入ったことを激しく後悔したのでした。

という、経験から、住宅展示場に行くタイミングは

 

予算がある程度見えている状態

 

ほんとね。これですよ。

私みたいに予算も知らずに暇潰し感覚で行くと面倒なことになります(笑)

最初から予算に見合ったハウスメーカーを見て回れば無駄なし!

そうじゃないと完全に時間の無駄。

 

予算を知った上で、その予算の範囲で建築できそうな

ハウスメーカー数社に絞り、趣味のあった家なのかをある程度でかまわないので、

下調べしてから行くのがよいのかな。と痛感。

 

ただし・・・

 

私達完全に冷やかしで見に来ました。

用事があるのでさっさと帰りますね。

アンケートとかそういうの結構です。

 

と、営業に面と向かってハッキリ断ることのできる鉄の心臓をお持ちの方

何件回っても、全然問題なしだと思います(笑)

 

ちなみに熱烈な営業攻勢をかけてきた某ハウスメーカー

最終的にどうやって断ったかと言いますと、

 

今はまだ買う気が全然無いので他を当たってください。

 

ちょっと時間か経過しているので、正確には記憶していないのですが、

確かこんな感じで、ハッキリ断ったはず(^_^;)

正直ココまで言うのはどうかとも思いましたけど、

営業さんに無駄な労力をかけさせない一種のやさしさ(?)なのかなと!

 

次回のマイホーム編は「リノベーション物件を見に行く」の巻