読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴーたパパの子育て&マイホーム建てるまで日記

仙台在住で結婚4年目の共働き4人家族。現在アパート暮らしでマイホームを夢見る30代半ばの「ぴーたパパ」がマイホームを建てるまでの記録や2014年1月生まれの長男と2016年10月生まれの次男の育児について感じたこと、思ったことをパパ目線で書き綴る!


【育児編】買って良かった!0歳、1歳、2歳くらいにオススメしたい絵本6選&微妙だった本!

現在、我が子(あだな:ちゃろさん@1歳11ヶ月)

これまで買ってきた数少ない絵本の中で「これは良かった!」と思った絵本6選を

世間一般的な評判など度外視でご紹介(笑)

私の独断と偏見によるソレ!

 

 

なにか絵本を買ってあげよう

そう思い、本屋に行っても、膨大な量の絵本を目の前にして

その中からコレだ!というものを選ぶの結構大変なんですよね(^_^;)

どれ選んだらいいのか分からない状態!

 

紹介する本を目安として使ってもらえたらなと。

 

1、しましまぐるぐる 

この本なくして語れない!0歳の頃から本当にお世話になった本!

この絵本は~1歳に圧倒的オススメ!

この本の何が最高なのかを是非とも語らせてもらいたい(笑)

 

シリーズで「あかあかくろくろ」「ぶんぶんきいろ」とかあるのですが、

これがいいんです!しまぐるが良いんです!

 

シマシマの絵とグルグルの絵が交互にページを構成

・文字は無く物語性は無い。が!それが0歳児には良い!

・いろいろな色を使っていてカラフルな中身。

・厚紙(っていうのこれ?)で頑丈!0歳児が雑に扱っても破けない!

 

やっぱりね。0歳児に厚紙の絵本は必須ですよね~

せっかく買った絵本でも、厚紙じゃないと・・・

破く、端っこナメナメ、足で踏む、舐める、かじる、雑にページをめくる。

普通の紙の絵本なら速攻で無残な姿になること間違いなし!(笑)

我が家の「しまぐる」は結構雑な扱いでしたが厚紙のおかげで今も健在!

 

オススメの使い方として「ぐるぐる」のページは

本を手で持ってグルグルとまわしながら赤ちゃんに見せると喜びます。

 

我が家の場合、赤い蛇のグルグルで「高確率で泣き止む

というころが多かったので、ご機嫌取りに随分使いました!

膝の上で読み聞かせると言うより、バウンサーに乗っけた状態で、

ページを子供に向けて使ってましたね。

 

我が家で絶大な効果を得ていたので、ままちゃろの友人の出産祝いとして、

この本をプレゼントしたら、随分気に入ってくれたとのこと!

プレゼント用としても是非使ってもらいたい!

 

 

2、きんぎょがにげた

この本はちゃろさんが1歳くらいときに頂き物で貰った本。

ちょっと知恵がついてきた1歳前後にオススメ!

いろいろなシチュエーションで逃げた金魚をページの中から探す絵本。

文字といえば「どこに逃げた?」程度で、ほぼ無いです。

 

厚紙じゃないので「しまぐる」と違って扱いには注意ですが、

金魚はどこかなどこかな~?なーんて言いながら、

膝の上で子供と一緒に読む本としては結構面白い本ですよコレ。

 

 

3、こどもずかん 

これも1歳くらいに買ってあげた本で、今でも絶賛使用中!

花、動物、車、虫といったモノの名前から数字、色まで幅広く網羅!

本のタイトルにもある通り「~4歳」とあるので、

色、数字まで行くとなると「~3歳」くらいまでは楽しめるのではないかと!

 

モノへの興味や言葉が出てくるようになる

1歳3~4ヵ月頃から一層楽しく遊べそうな絵本!

 

厚紙使用で頑丈!雑に扱ってもへっちゃら!

 

現在の我が家(あだな:ちゃろさん@1歳11ヶ月)の場合ですが・・・

モノの名前は大分覚えましたけど、さすがに色、数字までは難しい状態ですね~

長く遊べる絵本と言うことでオススメしたい!

 

 

4、シーモアのともだち

これは先日、クリスマス会の子供用プレゼントとして頂いた絵本!

洒落た感じの表紙で、プレゼントに最適!って個人的に思いましたね~

 

先ほどご紹介した「きんぎょがにげた」的な「探す」絵本。

難易度は「きんぎょがにげた」よりも2ランクくらい上といった具合で、

1歳後半くらいから楽しめそうな絵本!

 

文字及び物語性は無し。普通の紙なので扱いに注意が必要ですが・・・

そもそもこの本を楽しめる1歳後半くらいなら

本をあまり雑に扱わないので、そこは概ね大丈夫かなとは思います。

 

現在の我が家(あだな:ちゃろさん@1歳11ヶ月)の場合ですが・・・

比較的簡単なページはあまり時間かけずに回答。

難しいページは、やっぱり難しいみたいでなかなか探すことが出来ないも模様。

一度正解を教えてあげれば、次回から正解できるレベル!

 

膝の上で子供と一緒に読む本としてオススメ!

 

5、ミキハウスの歌絵本 

年齢に関係なくいつ買っても楽しめる!

かなりオススメしたい歌絵本!

本の扱いになっているとはいえ、純粋な絵本とはちょっと違いますが(^_^;)

 

収録曲や機能の詳細はミキハウスの公式サイトをどうぞ!

リンク:ポカポカフレンズのおんがくえほん おうたえほんDX

 

我が家の場合は、9ヶ月あたりで買ったような気がします。

当時は、歌は歌えませんでしたけど、リズムにのって手を叩いたりして、

結構楽しそうに使ってくれていましたね~

 

そして今現在(1歳11ヶ月)でも頻繁に使ってます!

1歳10ヶ月のある日、突然歌(っぽいもの)を歌うようになり、

それ以来、自分で好きな曲をかけて踊ったりしてます。

 

30曲収録!と書いていますけど、ちょっと注意点も!

うたモードカラオケモードの2種類があり、

カラオケモードの場合はフルでメロディが流れますが、うたモードの場合、

音声が出るのは「歌詞で言う一番のみ」

という点でしょうかね。

 

だからと言って、不満って程じゃないです。

だらだら長く歌われるより、逆にこっちの方がいいのかも!って。

音声が出るので、楽しく歌っているうちに

言葉も覚えてくれるかな?!ということに期待しております!

 

6、たまひよのたいこ絵本 

ミキハウスの歌絵本と同様、かなりオススメ!

 

我が家では5ヶ月前後で買った気が。

1歳くらいまでの子供には特にオススメとしたい!

大きなボタンは赤ちゃんでも簡単に叩けて使いやすい!

 

この本で、随分遊んでくれたので、

ステップアップとしてミキハウスの歌絵本を買ったんですよね~

今でもどきどき遊んでくれています。

 

現在のちゃろさん@1歳11ヶ月でもリズムに合わせて太鼓を叩くのは

まだ難しいみたいで出来て無いですね。

遊ぶ気になれば~3歳くらいまで使えるのではと思います。

長く遊べる良い音絵本!

 

 

 

ということで、個人的にオススメ絵本をいくつかご紹介しましたけど、

絵本選びの参考になってくれればと思います!

 

最後のおまけ

として、あまり書く人がいなさそうな「微妙だった本」を堂々ご紹介!(笑)

 

 

 

ちょっと微妙だった絵本 

さまざまな本や人が「オススメしたい本」として絶対(笑)に出てくるこの絵本!

あえて言おう。微妙だったと!!

 

オススメ!って言うから、我が家も「最初の1冊」としてこの本を買いました。

もちろんこの本が悪いなんて当然思いませんけど、

そんなに皆が口を揃えて言うほどオススメって内容?って思うんですよね。

コレ買うくらいなら「しましまぐるぐる」の方がオススメだけどなぁ・・・

 

紙が薄くてすぐに破いてしまいそう。

これ微妙だと思った理由の一つ!

この本で喜んでくれるのは5~6ヶ月あたりの子供なんでしょうけど、

置いておくと、ナメナメされて絶対にビリビリにされます(笑)

 

 

絵を見て気がついたかたは鋭い!

そう!「しましまぐるぐる」の作者さん「かしわらあきお」さんの絵本。

この作者さんは絵が、かわいいですよね。

 

肝心の微妙だった理由ですが・・・

我が家の場合、この本は9ヶ月あたりに買ったような気がしますけど、

0歳児には難しすぎた!コレに尽きます。

 

結構頑張って教えたんですけど「なぞる」って難しいですね~!

ちゃろさんがあまり興味を示さなかったので、ソレっきりなってしまいました。

2歳目前の現在。久しぶりに触らせてみようかな・・・とは思います。

上手に「なぞれる」ようになっていればいいのでけど(^_^;)

 

 

ということで、本選びの参考に是非どうぞ!